センサーライトの種類と使い方のアイデア

防犯対策として定番のセンサーライトですが、一言にセンサーライトと言ってもその使い勝手はそれぞれ大きく違います。

例えば普段は常夜灯で照らしつつ、センサーが人を感知すると全灯モードに自動的に切り替わるセンサーライト、そして普段は消灯していて人を感知した時にのみ全灯するセンサーライト等があります。
また現在では乾電池式のライトも珍しくありませんので、誰でも設置出来る簡単さも注目を集めています。
このように様々なタイプのセンサーライトが販売されていますので、設置を考える時は設置する目的をはっきりさせた上で合うものを購入すると良いでしょう。

そして一つの設置のアイデアとして、それぞれ違うタイプのセンサーライトを複数使用するという方法もあります。
常夜灯のもの+人が来た時だけ全灯するものを合わせて使えば、普段から必要最低限の明かりを灯しつつ、何か不審な事が起こったらパッと明かりがつくので、ちゃんとした防犯対策を行なっている事をアピールできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事