備えておくべき防災の備蓄とは?

秋になっても台風はまだ来ていますので、防災対策として備蓄をして備えておきましょう。

あったら便利だと言われている備蓄として、災害によって水が出なくなってしまう可能性も考えられるので、バスタブに水を貯めておく習慣をつけると良いでしょう。

水を備蓄していても、実際には日常生活で結構な量の水を使っていますので、バスタブに水を貯めていれば飲み水以外の水として活用できますよ。

非常食の中には水を使って調理する物もあるため、水が使えない時でも食べられる主食も備蓄しておきましょう。

災害時には備蓄している非常食で腹を満たそうとするかもしれませんが、非常食は主食や肉魚が入っていますが、野菜が入っている物は少ないので、野菜が食べたくなる人も多く、野菜スープや野菜ジュースなども備蓄しておくと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です