雨の時期にやっておくべき防災対策とは?

9月は台風による被害が増える時期ですが、どんな防災対策を実践しておけば良いのでしょうか?

台風や秋雨前線によって、ゲリラ豪雨や洪水、床下浸水や土砂災害などの自然災害に発展する事が考えられますし、毎年人的被害や住居の被害が報告されているのです。

まず大切なのは、家を選ぶ際に地域のハザードマップを調べて水害のリスクが少ない地域に住む事ですが、現在水害リスクがある地域に住んでいる場合は水や食料などの防災グッズを備えて置いたり、家の周りの物が飛ばないように対策しましょう。

防災グッズは賞味期限など期限切れしている事が考えられますので、早めに見直しておきましょう。

台風が近づいているなら、警報や注意報をよく確認して必要に応じて避難すると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です